三日月ネックレスの育て方|販売価格、増やし方は?

三日月ネックレス(セネシオ・ラディカンス)の枯れない元気な育て方、似た種類、特徴について紹介します。

 

多肉植物三日月ネックレスの特徴

出典:ハニーミント本店

キク科セネシオ属の三日月ネックレスは葉がぷっくりと三日月状に先端に向かって細くなる多肉植物です。原生地は南アフリカ(アフリカサバナ気候区)です。つる性で下に向かって垂れるように成長し、葉が三日月のチャームのように可愛らしくネックレスのようにも見えます。

三日月ネックレスはセネシオ属の多肉植物に分類されます。同じ仲間にグリーンネックレスが挙げられます。セネシオ属はアフリカ南西部、マダガスカル、カナリア諸島に主に分布していて全世界では2000種以上あるとも言われています。

 

一年草、多年草、低木、高_木、多肉植物など自生地によって多種多様です。中でも多肉植物はグリーンネックレスのようにつる性のものや塊根のもの、茎の太いものなど、多肉質なものは葉や茎に水分を溜め込んでいて乾燥に強いです。

葉は、三日月型や矢尻状、球状のものなどユニークな形が多く、交配によってその種類はさらに増えました。

品種によって成長期が異なりますので、それぞれ成長する時期に分けて春秋型、夏型、冬型と呼びます。三日月ネックレスは春と秋に成長する春秋型と言われていますが夏でも環境が合えばぐんぐん成長します。

 

スポンサーリンク

 

販売価格

三日月ネックレスは7センチ程度のポット苗であれば500円前後で購入できます。ボリュームが出るごとに価格も上がり、18センチの鉢で2000円程度になります。

 

 

観葉植物三日月ネックレスの育て方

出典:緑町のウェブ屋

日光・温度・置く場所

三日月ネックレスは一年を通して柔らかい日差しの当たる風通しの良い場所に置きます。真夏の直射日光を避けて雨の当たらないベランダや窓際などが理想的です。

秋_になり徐々に気温が下がりはじめ、10℃を下回るようになったころは屋内に移動するとよいです。耐寒温度は0℃くらいと、セネシオ属の中でも耐寒性はある方ですが霜に当たったりすると葉が茶色に変色するので屋内で越冬させたほうが安心です。

真冬の窓際は思いの外 温度が下がることがあります。結露もしますので 窓際に置くときは注意しましょう。

 

 

水やり

三日月ネックレスは乾燥に強い植物です。しかし春~秋にかけての成長期は成長のために水を与えます。基本的に風通しのよい場所に置き、土の乾燥度合いを指で触って確かめます。

乾燥していたらたっぷりと水をやり、またしっかりと乾燥させます。どちらかとゆうと乾燥気味に管理して様子を見ながら水を与えていくようにするとリズムがつかみやすいかもしれません。

仮に一週間くらい放っておいても枯れることはありませんので過湿に注意します。梅雨時期~真夏は蒸れやすいので水やりを控えます。冬場も成育がストップしますので水分の蒸発が少なくなります。土への水やりは控えて 葉水などで空中湿度を上げましょう。水やりを控えることで耐寒性もアップします。

 

 

市販の多肉植物用の土か、配合する場合は赤玉土7・腐葉土2・川砂もしくはパーライト1程度を配合し、水はけのよい土づくりをします。

 

スポンサーリンク

 

植え替え・植え付け

根元の方の葉がポロポロと落ちてきたり、鉢底から根がみえる、成育が旺盛で購入してから2年以上経つことなどが植え替えの目安になります。植え替える時はまずツルを束ねて軽く結んでおきます。

ポットから出した根の下方の土を軽く落として上記の土で植え付けます。植え付けた直後は水を与えず1週間ほど経ってから水をやり、根付くまで半日陰の場所で管理します。_適期は初春の5月ころか、初秋の9月ころとなります。

 

 

増やし方

挿し芽で増やすことができます。成長期に当たる春に健康な茎を先端から10センチ~20センチ程度で切り、それを挿し穂とします。浅めの容器に川砂や赤玉土など無菌性の土に寝かせ、ところどころ茎に用土をかけます。

この時注意する点は直射日光の当たらない明るい場所で管理することと 水を霧吹きなどで湿らせる程度にすることです。葉の根元から根が出てきたら成功です。しっかり発根させてから鉢に植え付けます。(鉢上げ)

決して成功率が高いわけではありませんが、温度と湿度管理がうまくいくと成功するようです。

 

 

肥料

5~10月の成長期に月に一回程度薄めた液肥をあたえます。

 

 

害虫

出典:ハニーミント本店 

三日月ネックレスにつきやすい虫としてはアブラムシがあげられます。風通しの悪い室内などでも発生しますので見つけたらアブラムシ用の薬剤を散布するか水で優しく洗い流します。

 

スポンサーリンク

 

壁付けハンギング仕立てのDIY

朽ちた板や味のある板と、軽い素焼きの鉢や下に細くなる円すい型の鉢が手に入ったら、三日月ネックレスの壁付けハンギングを作ってみましょう。

  1. まず、板を三日月ネックレスの株全体よりひとまわり大きくきります。
  2. その板をそのままでも、お好きな色にペイントするなどして台座とします。
  3. 板の中央に穴を二ヶ所開け、後からワイヤーで鉢を固定できるようにします。
  4. 上方に後で壁付けできるようにフックをつけます。
  5. あまり重みのない素焼きの鉢に三日月ネックレスを植えて鉢の段差部分にワイヤーをぐるっと通します。
  6. そのまま板に貼り付けワイヤーをあらかじめあけておいた穴に通し 板の後ろ側でしっかりと結びます。

そうして出来上がったものを壁に貼ってインテリアとして楽しむことができます。板はお好きなステッカーを貼ったりステンシルをしたりするとおしゃれ度もアップします。板を濃い色や白くすると三日月型の葉の形がよりくっきりと見えて映えます。

 

 

三日月ネックレスの花

三日月ネックレスは春ころに花が咲くことがあります。白色でやさしい香りのする可愛らしい花です。三日月型の特徴的な葉で観葉植物として売り出されることも多いですが、お花を鑑賞する目的で育ててみても良いかもしれません。

 

 

インテリアとしての三日月ネックレス

三日月ネックレスの垂れる性質を生かしてハンギング仕立てにするとよいです。風通しのよい場所を好むことからハンギングで上から吊るすことによって風通しも確保でき、霧吹きによる葉水も行いやすくなります。

ハンギングにしない場合もなるべく高い場所に置き、ツルを引き立てるように飾ると素敵です。また三日月ネックレスは多肉植物の寄せ植えなどで使われることも多いです。茎も丈夫で植えやすく、垂れるので寄せ植えのワンポイントになり全体を引き立てます。

 

 

 

三日月ネックレスと似た種類

どれも下に長く垂れていく性質からネックレスと呼ばれ、多肉質な葉に水分を含んでいます。

 

グリーンネックレス

グリーンピースのような_玉_状の葉が数珠繋がりで下にたれていく品種です。性質は三日月ネックレスに比べて若干弱いです。

 

ピーチネックレス

出典:狐の嫁入り

グリーンネックレスよりも玉が大きく、桃の形に似た葉が鈴なりになります。グリーンネックレスと育て方は同じで丈夫な品種です。

 

ドルフィンネックレス

出典:Twitter

グリーンネックレスと_七宝樹を交配した品種です。ネックレスのなかでは比較的長さが短く、葉茎が外に向かってイルカが跳ねるように曲線を描く形が特徴的です。

 

スポンサーリンク

 

まとめ

三日月ネックレスは数あるセネシオ属のネックレスと呼ばれるつる性の多肉植物のなかでも丈夫な方で、水やり回数も少なくてすみ、根腐れも起こしにくい育てやすい品種と言えます。

購入するときはなるべく茎に張りのある、元気な苗を選ぶようにするとよいです。安価で購入できるので 寄せ植えのワンポイントにしたり、吊るしてハンギングにしたり、三日月型の葉を生かすように飾り付けを考えるのも楽しいですね。