観葉植物のプレゼントにおすすめの種類【シーン別】

何かお洒落なプレゼントをしたいとおもうけど、一体何を贈っていいのかいまいち思い浮かばないという時は、観葉植物を贈ってみてはいかがでしょうか?プレゼントにおすすめの観葉植物を紹介します。

 

観葉植物をプレゼントする時の注意点

観葉植物をプレゼントする場合には、先ず贈る相手の負担を考えなくてはいけません。もし、贈る相手が植物に興味のない人だったり、留守がちにする人であれば、贈られた観葉植物の手入れや世話をすることを苦痛に思うかもしれません。

贈る相手が、観葉植物に興味があり、しっかりお世話をする時間とゆとりがある人かどうかを考えてから、プレゼントに観葉植物を贈りましょう。次に、観葉植物の育て易さを考えます。

 

いくら観葉植物に興味がある人でも、管理が難しすぎるような植物だと、相手に負担をかけてしまいます。そのためにも、基本の水やりと置き場所のポイントさえ抑えておけば、丈夫に育ってくれるような観葉植物を選びましょう。

後は、どういった相手に贈るのか、プレゼントの理由(例えば、誕生日や新築祝いなど)が何かなど、シーンに合わせて観葉植物を選ぶといいでしょう。次からは、シーン別におすすめの観葉植物を紹介します。

 

スポンサーリンク

 

プレゼントにおすすめの観葉植物

誕生日プレゼント

アイビー

アイビーはツタ性の観葉植物で、葉っぱが可愛らしい形をしていることからアレンジメントでもよく使われる植物です。アイビーは、耐陰性がとても強いため、日陰の場所でも育つことが出来ます。

なので、特に置き場所を考えなくても、日差しが入る部屋であれば、好きな場所に飾ることが出来ます。また、水やりも、土の表面が乾いてきたら与えるというシンプルなものなので、相手が初めて観葉植物を育てるという場合でも、簡単にお世話をすることが出来ます。

とても育て易くアイビーは、見た目も可愛いうえに、仕立てやすくどんなインテリアにでもマッチするため、観葉植物としても人気が高いです。さらに、花言葉は『友情、永遠の愛』といった自分の思いを込めやすい言葉なので、特に男性から女性にプレゼントするにはおすすめの観葉植物です。

 

エアプランツ

エアプランツは、鉢植えではなく、グラスやオシャレな箱などに飾られている観葉植物です。エアプランツは、土がいらない植物で、最近では雑貨屋さんやフラワーショップでよく目にするようになりました。

仕立て方によって、壁にかけたり天井から吊り下げたり、飾り方は自由自在で、最近では、新しいアートとしても紹介されています。エアプランツの水やりは通常の観葉植物とは異なります。目安としては週に2回以上、霧吹きでエアプランツ全体をたっぷりとまんべんなく濡らしてください。

 

その他に、月に1~2回程度ソーキングを行いましょう。ソーキングとは、大きめの容器に水を張り、その中にエアプランツを付けることを言います。水につけておく時間の目安としては、6時間ほどでつける水の温度には気をつけましょう。

水やりをした後も、ソーキングをした後も、風通しの良い場所に置いて、植物の内側までしっかり乾かしましょう。もし、水が植物の中心まで入っていたら、ひっくり返して水を出し、残らないようにして下さい。

とてもお洒落な観葉植物ではありますが、水やりに関して毎日ではないにしても、一般的な観葉植物とは方法が違うため、プレゼントされる相手が、お世話するのが苦手な場合は、避けたほうがいいかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

サボテン

サボテンの魅力といえば、それぞれが持つフォルムの独特な存在感だと思います。サボテンには、様々な種類があり、男性的なスタイリッシュでシュッとかっこいいフォルムのものや、女性に人気のトゲがふわふわの綿毛のように柔らかく、まん丸と可愛らしいフォルムのものなどがあります。

そういった点で、サボテンはフォルムによっては、弾性にも女性にもおすすめの観葉植物といえるでしょう。ただ、一見育て方が簡単そうなサボテンなのですが、実は水やりのタイミングや置き場所など意外に難しいサボテンも多いです。

 

一般的なサボテンのイメージというと、日光が好きで水の要らない植物という人が多いですが、サボテンを直射日光の当たる場所においておくと、葉っぱが日焼けして枯れてしまう葉焼けという症状になってしまいます。

しかし、明るい場所は好きなのです。また、過湿な状態は嫌うサボテンですが、ずっと水をやらないと、やはり枯れてしまいます。サボテンに水やりするタイミングとしては、鉢の土が乾いたら、たっぷり水を与えましょう。

 

さらに、受け皿に溜まった水は捨てるようにし、過湿な状態になることを避けて下さい。ただし、サボテンの生長が緩やかになるにつれて、水やりの間隔を空けていく必要があります。

サボテンは、窓際などの日当たりと風通しの良い場所で、しかも、直射日光が強くなってきたらレースのカーテンなどで、それを和らげられる環境の場所で育てることがベストです。サボテンをプレゼントする時には、育て方のハウツーを書いた本なども一緒に渡すといいかもしれません。

 

父の日・母の日

サンスベリア

ホルムアルデヒドやアンモニアなど、有害な物質を葉っぱに吸着する力があると言われているサンスベリアには、空気を綺麗にする効果があります。

また、葉っぱからは水分だけでなくマイナスイオンも放出するという特徴があるため、いつも頑張ってくれているお父さんやお母さんに、サンスベリアで日頃の感謝を伝えるのにおすすめの観葉植物と言えると思います。

 

そんな空気清浄や癒やしの空間を与えてくれるサンスベリアの育て方は、難しものではなく、耐陰性があるため、日差しの入る明るい室内であれば元気に育つことが出来ます。もし、日陰の場所だとしても、1日に4~5時間日光浴させることで、元気に育ってくれます。

また、水やりに関しては、鉢の土が乾いてからたっぷり水を与えて下さい。乾燥に強いサンスベリアは、過湿の環境はあまり好きではないので、水やりの際受け皿に溜まった水や必ず捨てるようにしましょう。

 

スポンサーリンク

 

多肉植物

特に女性に人気となっている多肉植物なので、母の日にお母さんに贈ると喜ばれるかもしれません。多肉植物の魅力と言えば、ぷにぷにとした肉厚な葉っぱと、種類の多さです。カラフルなものや花のように見えるもの、寄せ植えに仕立てたものなど品種や種類が多いため、選ぶ側も送る相手のイメージやインテリアに合わせたものを贈りやすいですよね。

仕立てによっては、大きめの鉢のものもありますが、多くは小ぶりのサイズなので、置き場所に困らず、移動させるときなどは扱いやすいです。

多肉植物の育て方としては、日差しの入る明るい日陰で風当たりの良い場所において育てるのがベストです。ただ、水やりに関しては、春と秋に訪れる生長期と夏と冬に訪れる休眠期でそのタイミングが変わってくるので、注意が必要になってきます。

 

 

新築祝い

モンステラ

生長するに連れて切り込みが入る大きな葉っぱが特徴のモンステラは、アロハシャツの柄としても有名です。花言葉が『嬉しい便り』や『壮大な計画』といった、幸せを呼び込んだり嬉しい未来を想像させる言葉であることからも、一生に1度の大きなイベントともいえる住宅購入のお祝いには、うってつけの観葉植物と言えます。

モンステラは、30cmほどの小型の品種のものから2mくらいにまで生長する大型の品種まで様々です。また、モンステラは、成長速度が早いので、プレゼントとして購入する前に、一度相手に家の様子を伺ってから、どの品種にするか決めると、贈る相手の負担にならないかもしれません。

 

モンステラは、多少の耐陰性があるので室内で育てることが出来ますが、なるべく日が当たる明るい日陰で育てるといいでしょう。ただし、真夏の直射日光はモンステラにとって強すぎるため、レースのカーテンなどで和らげて下さい。

また、水やりのポイントとしては土の表面が乾いてからたっぷりと与えましょう。特に夏場は土の乾きが早いので、様子を見て土が乾いていれば、毎日与えて下さい。ただ、冬場は、あまり水を必要としないので、土が乾いた後2~3日経ってから水やりをして下さい。

 

スポンサーリンク

まとめ

観葉植物のプレゼントをシーン別に紹介しました。観葉植物は、沢山の種類があり価格も様々なので、自分の予算やシーンに合わせた観葉植物を選部ことが可能です。

また、花言葉に注目することで、気持ちを届けやすくなるのではないでしょうか?お祝いする気持ちを観葉植物に乗せて届けてみてはいかがでしょうか。