観葉植物の人気種類27選|写真や特徴は?

癒やしの空間を作るのには、もはやインテリアグリーンは欠かせないですよね。でも、せっかく観葉植物を置くのなら、人気のある観葉植物を育てたいものです。人気のある観葉植物を紹介します。

 

人気のある観葉植物の種類

 

フィカス・ウンベラータ

大型の観葉植物であるウンベラータは、インテリア雑誌でもよく取り上げられるほどお洒落で人気が高い観葉植物です。特に、大きなハート型の葉っぱと、「永久の幸せ・健やか・夫婦愛」という花言葉から、結婚祝いや出産祝いとしてプレゼントする人も多いようです。

雑誌に取り上げられるだけあり、様々なインテリアにすんなりとマッチして部屋に癒やしを与えてくれます。ウンベラータは、元々が人の背丈を超えるほど大きくなる植物なので、成長スピードが早く、生長期には20cm以上伸びることもあります。

 

それだけ生長が早いウンベラータなので、日々観葉植物が成長していく姿を実感することが出来るのも、この観葉植物の魅力の1つといえます。ウンベラータが生長するのに必要な気温が18~30度であるため、春から秋の初めころまでが生長期となります。

日の光を浴びた方が、元気に育つので、日当たりの良い窓辺で育てることをお勧めしますが、耐陰性があるので、日差しの入る室内であればよほど暗い日陰でない限りは、育つことが出来ます。

ただ、強すぎる日差しを浴びると葉焼けを起こしたり、長い間日陰で育つと、日照不足による徒長を起こす可能性があるので、日差しの強さなどによって置き場所を移動させる必要も出てくるかもしれません。

 

スポンサーリンク

 

コーヒーの木

常緑樹で年間を通して濃い紫色葉っぱを楽しむことが出来て、育てやすい事から人気がある観葉植物の1つです。樹高も10cmほどの小さいものから150cmくらいの大きさのものまで、幅広い樹高ものが流通しているので、飾る部屋や場所に合わせてサイズを選ぶことが出来ることも、コーヒーの木が人気ある理由の1つでしょう。

また、日本で流通している観葉植物のコーヒーの木からも、しっかりと管理していれば、実をつけ、コーヒー豆を採取することが出来るかもしれないというのも、コーヒーの木を育てる魅力の1つですよね。

 

コーヒーの木は、日の光が好きなので、日差しがよく入る窓際などの場所に置くことが、元気に育てるコツです。ただ、直射日光は、刺激が強すぎては焼けを起こしてしまうので、春から秋にかけては、レースのカーテンなどで日差しを遮った明るい日陰において育てることをお勧めします。

ただ、熱帯地方が原産の植物なので、寒さには弱く、特に冬場の置き場所には注意が必要です。冬には冷たい空気が当たらないように、窓際から離した場所で、なるべく室温が10℃を下回らない室内で育てましょう。

コーヒーの木の詳しい育て方

 

 

モンステラ

ざっくりと切り込みのような穴が空いた大きな葉っぱが特徴のモンステラは、部屋に1つあるだけで、エキゾチックで南国リゾートのようなムードを演出してくれ、また、病害虫に強く生命力も強いため、初めて観葉植物を育てるという人にも育てやすく、人気の観葉植物です。

葉っぱの空いた穴から光が差し込む様子から、ハワイでは、モンステラの葉っぱが、希望の光を導くといわれており、そこからモンステラの花言葉は「嬉しい便り」や「壮大な計画」といったよな幸せを呼び込んだり、輝かしい未来を想像させるようなものになっています。

 

このことから、開店祝いや新築祝いとしてプレゼントされることが多く、風水のアイテムとしても、邪気払いや金運アップの効果が期待されています。モンステラの置き場所のポイントとしては、日差しが良く当たって、気温が5℃より下回らない場所であることです。

ただ、真夏の強すぎるような日差しは、葉焼けの原因になるので、カーテン越しの明るい日陰で育てるといいでしょう。

水やりは、基本として土の表面が乾いてからたっぷりと与えます。但し、気温が5℃を下回るような寒い時期になると、生長が緩やかになり、ほとんど水を必要としなくなるため、水やりの間隔を空けるようにしましょう。

モンステラの詳しい育て方

 

 

シェフレラ・アルボリコラ

観葉植物の中でも、最強を誇るほどの丈夫さを持つシェフレラ属は、育てやすい品種が多く、不動の人気を得ています。その中でも、シェフレラ・アルボリコラは、日本では「カポック」と呼ばれ観葉植物として親しまれています。

光沢のあるツヤツヤした濃い緑色の葉っぱが、1本の茎から手を広げたように6~10枚ほどつけます。シェフレラ・アルボリコラは、赤色や白色、黄色のタコが逆立ちをしたような小さな花を鈴なりにつけます。

 

ただし、花を咲かせるまでは、20年以上かかると言われているので、アルボリコラのユニークな形をした花を楽しみたい時は、気長に待つ必要がありそうです。

どんな環境においても育ってくれるため、初めて観葉植物を育てるという人にもおすすめのアルボリコラですが、本当は、日当たりと風通しの良い場所が好きなので、日差しが入り風通しが良い窓際に置いて育てると良いでしょう。

また、日差しが全く入らないような暗い場所で育てると、さすがのアルボリコラも葉っぱが枯れ落ちたり、徒長して弱々しい見た目になってしまうので、そういった場所で育てることは避けたほうが良いでしょう。

 

スポンサーリンク

 

グリーンネックレス

グリーンネックレスというのは、アクセサリーではなく、コロコロとした丸く小さい葉っぱが連なって生えるとてもかわいらしい観葉植物です。その見た目から、インテリアグリーンとしてとても人気があります。

ただ、他の植物から比べると、少し育て方が難しくもあります。というもの、アフリカが原産で、日本とは全く違う気候であるため、多くの観葉植物の生長期が春から秋にあるのに対して、グリーンネックレスは、春と秋に生長期があり、夏と冬には休眠期に入ります。

 

そのため通常の観葉植物を育てるよりも、季節ごとの置き場所や水のやり方に気をつけなければいけません。春と秋の生長期には、日差しがよく入る明るい室内に置き、土が乾いてからたっぷり水を与えましょう。

とはいえ、春や秋は日に日に温度が変化していく時期でもあります。目安としては、春であれば最低気温が10℃を超えた頃、秋であれば最低気温が10℃を下回る前までをグリーンネックレスの生長期と考えると良いでしょう。

 

夏場の水やりは、春や秋よりも間隔を空けて下さい。鉢の土が完全に乾いてから、さらに4~5日ほど経ってから水やりをします。また、夏場は湿気が多いため、水やりしなくても、その湿気によって根腐れを起こすことが有るので、風通しの良い明るい日陰に置いて育てて下さい。

冬場には、冷たい空気に触れない様に気をつけましょう。室内でも、窓際に置くと冷気に触れやすいので、日当たりの良い窓際から離した室内で管理し、水やりもさらに間隔をあけ、土が乾いた後2~3週間空けて与えましょう。

グリーンネックレスの詳しい育て方

 

 

エバーフレッシュ

エバーフレッシュは、そこにあるだけで涼しげは空間を演出してくれる樹形と、不思議な生態で人気がある観葉植物です。マメ科の常緑樹であるエバーフレッシュは、日本に自生するねむの木の仲間で、昼と夜で違う葉っぱの姿が見られることが特徴です。

というのも、昼には広げている葉っぱは、夜になると閉じてしまうのです。この変化は、「就眠運動」と呼ばれ、実は夜になったから葉っぱを閉じているのではなく、概ね24時間周期で起きている運動なのです。

 

しかも、この眠りを妨げると、枯れてしまうことも判明しています。また、昼になっても葉っぱが閉じているときには、エバーフレッシュが、体調を崩している証拠なので、根腐れなどを起こしていないか確認してみて下さい。

耐陰性がありますが、室内で育てる場合は、日当たりの良い場所に置いて育てましょう。ただし、直射日光が当たると、葉焼けの原因になるので、特に夏場はレースのカーテンなどで日差しを和らげるようにして下さい。

エバーフレッシュの詳しい育て方

 

 

ガジュマル

沖縄や屋久島で自生しているガジュマルは、沖縄では「キジムナー」の名前で親しまれています。自生地の沖縄では、子どもの精霊が宿る木とされ「多幸の木・幸せを呼ぶ木」として人気を博しています。また、日頃の手入れが簡単で、育てやすいことから、観葉植物を初めて育てる人たちにも人気の観葉植物です。

気根と呼ばれる地上に出た太くて丸いユニークな樹形をしたガジュマルが有名ですが、実は、ガジュマルには800種の品種があり、よく目にするガジュマルは、人参ガジュマルという園芸品種なのです。さらに、春先には、薄黄色のつぼ状の1cmほどの小さな花も咲かせます。

ガジュマルは、日の光をたくさん浴びて生長する観葉植物なので、日差しが入る窓際などにおいて育てるといいでしょう。ただ、長時間直射日光に当たり続けたり、急に環境を変えて、浴びる日差しの量が増減してしまうと、対応しきれずに枯れてしまうことがあるので、置き場所はしっかり考えて選ぶようにして下さい。

 

スポンサーリンク

 

パキラ

観葉植物の手入れの基本は、パキラで学べると言っても過言でないほど、初心者が育てるには適役で、たまご型の葉っぱが傘を開いたように付くため見た目も可愛く、多くの人々から人気がある観葉植物です。

パキラは、本来15mほどにまで生長する大型の植物で、観葉植物として販売されている鉢植えでも、2mほどの樹高にまります。乾燥や暑さに強く、生長が早くて丈夫なので、あっという間に樹高が高くなるため、広いスペースで育てることをお勧めします。

 

パキラは、南米原産ですが直射日光が苦手で、直射日光に当たると葉焼けを起こして枯れてしまいます。そのため、年間を通して直射日光の当たらない明るい日陰で育てるといいでしょう。

ただ、日照不足になると、日の光を求めて枝が変な方向に伸びてしまい、樹形のバランスが悪くなるので、午前中の日当たりがよく、午後からは日陰になるような場所に置いて育てることをお勧めします。

パキラの詳しい育て方

 

 

ベンジャミン

観葉植物としても、インテリアグリーンとしても定番中の定番であるベンジャミンは、光沢のあるつやつやした小さな葉っぱが、こんもりと茂る美しさと、どのようなインテリアの場所においても、すんなりと馴染む守備範囲の広さが、人気を不動のものにしているのだと思われます。

さらに、「永遠の愛」や「友情」といったポジティブな花言葉を持ち、『幸福をもたらす木』として知られていることから、結婚祝いやお店の開店祝いなどのプレゼントとして送られることも多い植物です。

 

一口にベンジャミンと言っても、品種が幾つかあり、中でも、フィスカ・ベンジャミンと呼ばれる品種は、幹が柔らかいことから、数本のベンジャミンの幹を編み込んで売られているものも有るようです。

また、ベンジャミン・バロックという品種は、ベンジャミンの中でも新しく、葉っぱがくるくると巻いているのが特徴で、葉色は濃い緑色なのですが、新芽の色が明るい緑色であるため、時期によっては、新芽と生長した葉っぱの緑の濃淡が楽しめるため人気が出てきています。

ベンジャミンの詳しい育て方

 

 

ワイヤープランツ

ワイヤープランツは、タデ科の観葉植物で、ミューレンベキア属に分類されます。ツルと呼ばれる細長く茶色の茎を伸ばすのが特徴で、この細長い茎がワイヤープランツの名前の由来となっています。その茎には、鮮やかな緑色の小さな葉っぱを付けます。

ワイヤープランツは、その樹形からインテリアグリーンとしての人気も高く、無造作に伸びた針金のツルを活かして、棚や出窓などの高い位置に置いてツルを垂れ下げたり、ハンギングバスケットなどに入れ、壁や天井から吊り下げたりして、部屋のアクセントとして飾っている人も多いようです。

ワイヤープランツは、日差しを好み、乾燥を嫌う性質があるので、エアコンの風などが直接当たらない、日差しの入る窓際等に置いて育てると良いでしょう。

ワイヤープランツの詳しい育て方

 

 

クワズイモ

パラソルのように大きなハート型の葉っぱが特徴のクワズイモ。大型の観葉植物なので、置き場所には少し限られてしまいますが、スタイリッシュでオシャレなその樹形は、どんなインテリア空間にもすんなり馴染むため人気があります。

また、クワズイモの大きな魅力の1つとして、「冬越し」がとても楽なことにあります。観葉植物の多くは、熱帯地方が原産であるため、多少耐寒性があったとしても、寒い冬がある日本では、長く観葉植物を楽しむとなると、やはりいかに冬越しをするかがポイントとなってきます。

 

クワズイモも、体感温度は5℃くらいなのですが、冬場には、土が乾いた後数日経ってから水やりをする程度にして、耐寒性を高めるようにして、室内でに置いて管理すれば、枯れることなく育てることが出来ます。

水やりは、土が乾いてからたっぷりと水やりをすれば良いのですが、クワズイモは、空気中の湿度は高いほうが好みなので、年間を通しては水をすることをおすすめします。

水やりをした翌日以降に、吸い上げた水を葉先から出す性質があるため、気がつくとクワズイモの鉢の周りの床が濡れている!!ということがあります。場所によっては、床が濡れると困ることも有ると思うので、そのような場合には、事前にマットなどを敷いておくと良いでしょう。

クワズイモの詳しい育て方

 

 

ピレア

「少女の恥じらい」というなんとも可愛らしい花言葉を持つピレアは、美しい葉っぱを持ち、しかも、種類によってその葉っぱに入る模様が異なるため、自分の部屋のインテリアのイメージに合った株を見つけられることから、人気があります。

熱帯~亜熱帯地方であれば、世界中どこにでも分布する植物で、品種の中には多年草のものや一年草のもの、低木の様に生長するものなど、様々な品種があります。品種によって葉っぱに入る斑が様々で、それがピレアの特徴でもあります。

 

多くの品種は、葉っぱの縦方向にくっきりとした葉脈が三本ほど見られます。また、花言葉の由来になっている、控えめな印象を与える小さな花の蕾は、水をかけると、一斉に花開き、花粉を吐き出すという変わった性質を持っています。

ピレアを育てる時は、風通しが良い明るい日陰において育てると良いでしょう。また、光の方向に向かって茎を伸ばす性質があるので、ずっと同じ向きのまま育てると、樹形のバランスが悪くなってしまうので、時々鉢の向きを変えると、形の良いバランスの取れた株に仕上がりますよ。

 

スポンサーリンク

 

シュガーバイン

ブドウ科の仲間で、つる性植物のシュガーバインは、インテリアグリーンとしても、とても人気がある観葉植物です。オランダで品種改良されて作り出された園芸品種で、葉っぱの裏から出る樹液が甘いことから、砂糖のツタという意味のシュガーバインと名づけられました。

光沢のある葉っぱは、濃い緑色で一つの茎から生えている5枚の葉っぱは、まるで人が手をぱっと広げたように見えます。葉っぱの一枚一枚は1.5~3cmと小さく、縁にギザギザした切れ込みがあります。

 

シュガーバインを育てていく中で、夏に枯れてしまうというトラブルが多く、その原因としては、強すぎる日差しや高温多湿な環境が苦手な性質にあります。シュガーバインを育てる時は、風通しの良い明るい日陰において育てましょう。

また、水やりに関しては、土の表面が乾いてからたっぷりと水を与えるようにしてください。冬場は、水やりの間隔を空け、土の表面だけでなく、全体的に乾いてから水を与えるようにしましょう。正しい育て方を知り、そのとおりに育てさえすれば、それほど難しいし植物ではありません。

シュガーバインの詳しい育て方

 

 

ハートカズラ

「ラブチェーン」とも呼ばれるハートカズラは、葉っぱがハートの形をしており、そのキュートさから女性に絶大な人気があります。常緑多年草であるハートカズラはツル性なので、仕立て方によって自分好みのインテリアグリーンに出来ることも人気の1つといえます。

ハート型の葉っぱは1~2cmと小さく、濃い緑色の中に、灰白色に染まった葉脈がアクセントとなっています。その葉っぱが、ツルを挟んで左右に1枚ずつ等間隔で付いています。さらに、夏には棒状の赤紫の花を咲かせます。

 

品種の中には、葉っぱが淡いピンクで葉っぱの縁を覆うように白い斑が入る「セロペギア・ウッディーレディ・ハート」という品種があり、その色合いから人気のハートカズラの中でもさらに、人気があります。

ハートカズラを育てるポイントは、日当たりと風通しの良い場所に置いて育てることで、真夏には、葉焼けを防ぐためにレースのカーテンなどで、日差しを和らげるか、明るい日陰に移動するといいでしょう。また、ツルが長く伸びすぎると、強い風によって切れてしまうことがあるので、短くカットすることをお勧めします。

ハートカズラの詳しい育て方

 

 

ドラセナ・マッサンゲアナ

出典:フラワーギフト・胡蝶蘭の専門店

ドラセナ属の中でも有名なドラセナ・マッサンゲアナは、幸福の木としても有名な品種です。また、ドラセナの中でも育てやすく、観葉植物を初めて育てる人にも人気がある観葉植物です。

マッサンゲアナの葉っぱは、細くて先がツンと尖っています。、葉っぱの真ん中には、黄色い縦の模様が入っていて、葉っぱの先の尖った側に向かって、緑色のグラデーションがかかり、とても見ごたえのある葉っぱを持っています。

 

マッサンゲアナは花を咲かせることもありますが、とても稀で、しかも開花は夜に行い、甘い香りを強烈なまでに辺り一面に放ちます。その場にいなくてもその香りで、ドラセナの花の開花を知ることが出来るほどです。

アフリカ原産のマッサンゲアナですが、直射日光は苦手で、当たると葉焼けを起こして枯れ落ちてしまいます。そのため、マッサンゲアナを育てる時は、レースのカーテンなどで直射日光を和らげた明るい日陰の部屋に置くと良いでしょう。

ドラセナの詳しい育て方

ドラセナの人気の種類一覧|画像や特徴は?

 

 

ユッカ・エレファンティペス

ユッカ・エレファンティペスは、色々あるユッカの品種の中でも「青年の樹」とも呼ばれて親しまれ広く流通している人気の観葉植物です。生長期になると、次々に葉っぱの新芽を出すことから、そう呼ばれるようになったそうです。

エレファンティペスの太い幹は、途中でばっさりとカットしたようになっており、その先から、うえへ向かってシュッと放射状に葉っぱが生えているという不思議な樹形をしています。その姿が、どこか男性らしさが漂うため、男性へプレゼントとする時に選ばれることが多い観葉植物です。

 

また、風水的には「成長」や「発展」と考えられ、金運や仕事運が高まると言われているため、新築祝いや開業祝いに多いようです。ユッカは、基本的に日当たりの良い場所に置いて育てましょう。

そうすると、すくすくとよく育ってくれます。ただし、直射日光が当たると、葉焼けを起こして枯れてしまうため、特に日差しがの強くなる5月~10月は、レースのカーテンなどで日差しを和らげ明るい日陰を育てましょう。

 

スポンサーリンク

 

オリーブ

銀色がかった葉っぱがエレガントで、地中海を思わせるオリーブも、根強い人気がある観葉植物です。最近では、観葉植物としてだけでなく、公園などでも公園樹として、見かけることが多くなりました。

オリーブといえば、その実から取れるオイルが有名ですが、乾燥に強く世話がそれほど大変でないオリーブは、銀色がかった緑色の葉っぱのオシャレさもあり、お洒落なインテリアグリーンとして人気があります。

 

オリーブの木を室内で育てるコツは、「日当たりがよく、暖かい場所」に置くことです。日照不足になってしまうと、あっという間に徒長を起こし、ヒョロヒョロの弱い木に育ってしまうため、日差しがたっぷりと入る窓際において育てましょう。

ただ、寒さにはそれほど強くないので、寒い時期は、窓から伝わる冷たい空気にオリーブの木が弱ってしまうこともあるので、気温が下がってくる秋頃には、窓際から少し離した室内よりに、鉢を移動させてあげて下さい。

ちなみに、オリーブの実は、自家不親和性といって、1本だけで結実することがありません。もし、オリーブの実も楽しみたい時には、同系統の違う品種のオリーブの木を2本以上、それぞれを近くで育てておく必要がありますよ。

オリーブの詳しい育て方

 

 

ユーカリ

コアラが食べる木としても有名なユーカリですが、ユーカリの葉っぱには香りがあり、そのスッキリとした香りは、集中力を高めてくれるアロマ効果があったり、虫よけとしての効果も期待できるため、観葉植物としての人気もあります。

また、ユーカリは、砂漠の緑地化などにも使用されるほど生命力が非常に強く、乾燥にも強い植物なので、育てるのが比較的簡単であるため、観葉植物を初めて育てる人にも育てやすい植物でもあります。

 

ただ、生長が早く、日本の気候の中で育てると大きくなりすぎることもあるので、こまめに剪定をしたり、植替えをしたりする必要があるようです。寒さに強いユーカリですが、品種によっては、寒さに弱い品種(レモンユーカリ)もあります。

また、ユーカリは全体的に乾燥に強いぶん、過湿には弱く、水のやり過ぎには注意が必要になります。

風通しと日当たりの良い場所で管理し、土が乾燥してからたっぷりと水を与えます。また、乾燥に強いものの、生長が旺盛であるため、水が切れると回復に時間がかかってしまうので、特に剪定後などには、水切れに気をつけてください。

ユーカリの詳しい育て方

 

 

ニームの木

出典:新築一戸建てブログ

ニームの木は、「奇跡の木」と呼ばれるほど薬効効果が高い事で人気の観葉植物となっています。また、虫を寄せ付けないことから夏場に出てくる厄介な蚊を避けるために、ニームの木を育てる人も増えてきているようです。

ニームの木全体には、幾つもの抗菌成分が含まれており、原産地のインドでは、古くから万能薬として用いられてきたようです。特に「アザディラクチン」という成分には、虫の成長ホルモンを阻害する働きがあるため、200種類以上の虫を寄せ付けないといわれています。

 

常緑樹のニームは、鮮やかな緑色のギザギザの葉っぱを持ち、1月から4月にかけて5枚の花びらを持つ1cmほどの小さな花をたくさん咲かせます。その花が咲くと、ジャスミンのような甘い香りを放ちます。

乾燥には強いニームの木ですが、寒さにはとても弱く、気温が15℃を下回ると、途端に生長が鈍くなります。冬のような寒さに当たると、落葉することがありますが、株が生きていれば、春には再び新芽を伸ばすので、落葉してしまったからと諦めずに、なるべく15℃を下回らない暖かい場所で見守って下さい。

ニームの木の詳しい育て方

 

 

プレクトランサス

シソ科の植物であるプレクトランサスは、葉っぱを楽しむ観葉植物として育てることも出来るし、昨花を楽しむ鉢花として育てることも出来るため、人気を集めています。

プレクトランサスは、熱帯~亜熱帯地方を中心に200種類以上の品種が分布する多年草で、「立ち性」といって茎が上に伸びるタイプと、「這い性・半立ち性」といって、つる状の茎が地面を這うように長く伸びたり、多少立ち上がって斜め上に伸びていったりするタイプの2タイプの樹形に分かれています。

 

多くの品種の葉っぱが、丸い形やたまご型の形をしており、その縁には緩いギザギザが入っています。花の形はラッパのように先端部分が開いた小さな筒状で、1つの花茎に数輪~数十輪の花がつきます。

もともと、這い性・半立ち性の品種が観葉植物として親しまれていたのですが、美しい花を咲かせる立ち性の園芸品種が作られたことで、鉢花としても利用されるようになりました。

 

柔らかい日差しが好きなプレクトランサスは、強い日差しが当たると葉焼けを起こしてしまうので、レースのカーテンなどで日差しを和らげた明るい日陰の場所で育てて下さい。特に、真夏には直射日光が当たらない半日陰の場所で育てることをおすすめします。

また、寒さにも弱い性質があり、気温が5℃を下回ると株が痛み出し、霜に当たると枯れてしまいます。元気に越冬させるには、冷気が当たらないように窓際から離した室内で、室温が10度以上の場所が理想です。ただ、霜にさえ当たらなければ、3℃くらいまでは耐えてくれることもあるようです。

プレクトランサスの詳しい育て方

 

 

ペペロミア

ペペロミアは、コショウ科の常緑多年草で、1000種類もの品種があります。そのため、同じ植物とは思えないほどバラエティに富んだ色や形の葉っぱをもち、それがこの観葉植物の人気の一つとなっています。

葉っぱが上に向かって伸びる品種やつるを伸ばす品種、白やベージュの斑がマーブル模様に入った葉っぱを持つ品種や、濃い紫色の葉っぱを持つ品種まであり、その葉っぱの色合いがお洒落で、しかもその多くは、どれも小型の観葉植物なので、テーブルや棚のちょっとしたスペースにおいて育てられることから、特に女性から人気があります。

 

強い日差しが苦手なペペロミアは、ダイニングテーブルやテレビの横など、部屋の中でも強く日差しが当たらないような内側に飾ると良いでしょう。

また、寒さにも弱いので、窓際において育ててしまうと、寒くなる時期には窓を通して伝わる冷たい空気によって、ペペロミアが弱ってしまうことがあるので、窓からは少し離して置いて下さい。

ペペロミアの詳しい育て方

 

 

サンスベリア

サンスベリアは、空気の清浄効果があることから、最近特に人気の高い観葉植物です。しかも、育てやすく枯れにくい事から、初めて観葉植物を育てるという人にもおすすめです。

サンスベリは品種が多く、「トラノオ」と呼ばれるローレンティーやスタッキー、キリンドリカなどは、園芸店などでよく見かけます。その他にも、希少種としてペロッティ-やマッソニアーナなどがあります。

 

代表種でも希少種でも、シュッとした葉っぱが上に向かって生えて模様が入っているものが多く、スタイリッシュでインテリアグリーンとして部屋に置くにはぴったりです。サンスベリアの中でも有名で、多く流通しているローレンティーは、先の尖った葉っぱが、シュッと上に伸びています。

その葉っぱは、緑色の中に黄色の縞模様が入っていて、そのコントラストがとても美しく、また、その模様と葉っぱの形が虎のしっぽに似ていることから「トラノオ」という名前で親しまれるようになりました。サンスベリアは、元々日光が好きな植物なので、日当たりの良い場所や明るい日陰の部屋に置いて育てると、健康で元気に育ってくれます。

 

ただ、耐陰性があるので、多少日陰の場所でも育つことは出来ますが、ずっと日陰で育てると、日照不足により徒長を起こしてしまうので、日陰で育てる場合は、定期的に明るい日陰や日当たりの良い場所に移動させて、日光浴をさせてあげてくださいね。

また、サンスベリアの水やりには少し注意が必要です。というのも、サンスベリアは乾燥に強い性質があるため、水やりを2~3週間忘れたくらいでは、そう簡単に枯れることはありませんが、水を与えすぎると、あっという間に根腐れを起こして枯れてしまいます。ですから、サンスベリアの水やりは、鉢の土が完全に乾いてからたっぷりと与えるようにして下さい。

サンスベリアの詳しい育て方

サンスベリアの種類|人気、珍しい品種の画像一覧

 

 

テーブルヤシ

育てやすさと手軽さ、そして、ヤシの木が持つ南国のイメージと葉っぱが揺れることで醸し出す涼し気な雰囲気で、人気の上位にランクインする観葉植物のテーブルヤシ。一本の茎から細長い葉っぱをいくつも連なって生やし、まるで鳥が羽を広げたような美しい樹形をしています。

さらに、テーブルヤシという名前だけあって、卓上サイズであるため、インテリアとして室内に取り入れやすいです。園芸店などで10cm~50cmくらいの大きさのテーブルヤシが多く流通しており、目にするテーブルヤシもそれほど大きいものではありませんが、実は、樹高が2~3m位の高さまで生長します。

 

ただ、生長が遅いため、そこまでの大きさになるには、時間がかかるようです。テーブルヤシの自生地が、標高の高い場所であるため、寒さに強く耐陰性もあるため、多少日当たりが悪くても元気に育つことが出来ます。

しかも、ヤシは南国のイメージが強いので、直射日光を好みそうですが、テーブルヤシが強い日差しを受けると、葉焼けして葉っぱが枯れてしまいます。

ですから、テーブルヤシを育てるときには、直射日光が当たらない明るい日陰で育てるといいでしょう。また、日差しの入る室内であれば、多少であれば日陰の場所であっても育つことが出来ます。

テーブルヤシの詳しい育て方

 

 

トックリラン(ポニーテール)

株元がぷっくりと膨らんだ可愛らし樹形と、涼し気な印象を与える細くて長い葉っぱが人気の観葉植物で、幹の先から生えた葉っぱが馬の尻尾に見えることから、ポニーテールとも呼ばれています。メキシコ原産のトックリランは、明治時代に日本に渡ってきた植物で、常緑樹で生長がゆっくりなため、人気の観葉植物として流通しました。

トックリランは、蘭の仲間ではないのですが、渡来してきた明治頃は、外国から伝わった珍しい植物には全て『ラン』と名前につけていたため、キジカクシ科であるにも関わらず、この名前がついています。ぷっくりと膨らんだ株元には、水分を溜め込んでいるため、長い期間水を与えなくても耐えられるほど乾燥に強いという特徴があります。

 

トックリランは、日が当たる場所であれば、元気に育つほど丈夫な観葉植物で、多くの植物が苦手とする直射日光が当たっても、葉焼けなどを起こさず育ちます。逆に、日当たりが悪居場所で育ててしまうと、葉っぱの色が悪くなったり、特徴でもある株元の膨らみがなくなってしまうので、日当たりの良い場所で育てるようにしましょう。

また、寒さに強い性質がありますが、霜に当たったり、乾燥した風に当たったりすると、葉っぱが傷んでしまうので、注意が必要です。

トックリランの詳しい育て方

 

 

サボテン

観葉植物の入門編的存在な人気のサボテン。とても飼いやすい反面、手間をかけすぎたり水を与えすぎると枯れてしまいます。種類がとても豊富で、色々なサボテンを置く楽しみがあります。

サボテンの詳しい育て方

サボテンのおすすめ種類、選び方は?

 

 

ポトス

最も育てやすい植物と言っても過言ではないくらい簡単で人気があります。育てるのが簡単な上に、成長速度も速いので動きも楽しめる観葉植物となっています。種類によっては色が綺麗なものもあり、斑入りやライムがおすすめです。

ポトスの詳しい育て方

 

 

多肉植物

多肉植物は最近人気で、ここから観葉植物にハマっていく人が多いです。サボテンと同じであまり手間をかけてはいけない種類で、成長速度が遅い種類やどんどん成長していく種類があります。

とても可愛い植物なので女性にはおすすめです。

多肉植物のおすすめで人気の種類45選

 

 

観葉植物が人気な理由

ペットとは違うけど

ペットはものすごく癒されますし、可愛いですね。でもペットのように動いたり、なついたりはしませんが、観葉植物ならではの動きや変化をしてくれるのでそれが癖になったりします。

個人的にはペットに近い存在だと思っています。

 

スポンサーリンク

お金があまりかからない

ペットを飼うとなると毎月の食費やその他の消耗品費、散歩、旅行に行く際どうするか、医療費など様々なことを考えなければいけません。

観葉植物は最初の購入費だけが必要で、掛かっても肥料代や土、水、鉢くらいです。費用面を考えるとお金のかからない趣味です。

 

 

手間もかからない

ペットとは違って散歩も必要ありませんし、1日に何度もご飯を与える必要もありません。必要なのは肥料と日光、水だけです。手間をかけたい人には向いていないのが観葉植物ですが、霧吹きなど小まめにすることでぐんぐん成長してくれることもあります。

 

 

癒される

人間は緑に癒されます。それが家の中にいてくれるだけで癒されます。

 

 

どんな観葉植物が人気になってる?

可愛い植物

観葉植物好きからしたらどの植物も可愛いのですが、初心者から見ても見た目が可愛い植物は人気があります。例えば、ハートの形をしたハートカズラやぷにぷにした多肉植物は、観葉植物にハマるきっかけになりやすい観葉植物となっています。

 

 

ぐんぐん育ってくれる植物

見ているだけで癒される観葉植物ですが、動きがあるとさらに愛着がわきます。なのでぐんぐん育ってくれるポトスやカポック、コウモリラン、ウンベラータなどは育てていて面白いです。

あまり動きがないと水が足りていないのかと思って、たくさん水を与えてしまい枯らしてしまうことも多いです。そういった面でサボテンは物足りなさはあるかもしれません。

 

 

育てやすい植物

せっかく家にお迎えして、毎日頑張って育てて、枯れてしまった時は悲しいです。なので誰にでも育てられる、初心者向けの育てやすい観葉植物は人気です。

ポトスやクワズイモ、ウンベラータ、ゴムの木、モンステラ、ストレリチア、ガジュマルなんかは育てやすいのでおすすめです。

育てやすい観葉植物の種類

 

 

オシャレな植物

観葉植物を自宅にインテリアとしてオシャレに飾りたい人は多いと思います。特徴的なオシャレな観葉植物は人気です。

オシャレな観葉植物とおすすめの飾り方

 

 

風水効果がある植物

置くだけで運気が上がる観葉植物もあるので、興味がない人にも人気です。

玄関に置ける風水効果のある観葉植物10選

 

 

まとめ

いかがでしたか?人気のある観葉植物を24種類紹介しました。観葉植物の大きさや性質、観葉植物が育つのに合った環境と自分が起きたい場所の環境がマッチしているかなどを調べてから、観葉植物を選んでくださいね。